読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるゲイのサワライ マモル。

社会人2年目、慣れない東京

53、わたしの読解力は530000です

読書会に参加してきました。

好きな小説家のツイッターで知った催しで、一つの作品につき2日でワンセット。どうやら毎月異なる作家さんが取り上げられているみたいでした。

著者ではないライターの人が進行となって2時間みんなで本の話をして、日を置いた2回目の開催で著者本人が加わって直接作品の話が聞けるという、ラグジュアリーなイベント(!)。


自分はここ2、3年で読書が急速に趣味になってきたけどあまり周りの人と感想を言い合う機会も少なかったし、安くはない金額を払って参加する猛者たちや文筆業の方と本の話ができるのはなかなか貴重だと思い、チケットを申し込んでみました。

↓読書が趣味だと主張した回。

sawaraimamoru.hatenablog.com

sawaraimamoru.hatenablog.com

 


そうして迎えた初参加の今日。緊張して横浜のみなとみらい近くのビルへと潜入しました。
なんか勝手に読書会に根暗なイメージを持っていたけど(失礼)、会場の雰囲気も参加者の雰囲気もおしゃれな感じでした。十数人ほどの集まり。

簡単な自己紹介と、参加理由や課題図書の感想を順番に述べていきながら、進行のライターさんが質問なり補足なりを加えていく形式でした。

題材が恋愛小説だったんですが、女性参加者がヒロインに共感できたできなかった、相手の男性像はちょっとデリカシーがない、みたいな話をしていった流れで、「男性目線でこの身勝手な男のことに関してはどう思いますか?笑」と聞かれた時、ちょっと迷いましたが「自分はゲイなので、ワイルドさに少し惹かれました笑」と正直に言ってみました笑

恋愛小説が題材の時点で、自分の感想を言う際にさすがに性的志向を隠すのはナンセンスだと思ったし、高い金払ってんだからコソコソする必要はない、聞かれたら言っちゃおうと思っていたので、まあ、わりとスッと、でもやっぱり緊張して早口になりながら、しどろもどろで感想を言った形になりました。
けっこうテンパっていたので周りの人の表情をしっかり見る勇気はなかったのですが、まあイレギュラー感は出たものの、なんだかみなさん温かく受け取ってくださった雰囲気だったように思います。ホッ。笑

そのあと別に、「じゃあゲイ目線でどう思いましたか?!」なんてズケズケ聞いてこられもせず、けれどもゲイとして発言することをちゃんと聞いてもらえる場に参加できて、とても嬉しかったです。ああ、でも聞かれたら聞かれたで普通に答えられるかな、とも思います。


初対面だらけで、あんなに本のこととか、本を通じて感じる感情の動きについて熱心に語り合えるって、わりと奇跡的なことだと思うし、今までになかった経験で、とても面白かったな。
他の参加者の方々の読み方や感想がとても新鮮で、どれもわかるわかる、って感じだし、面白いし、いい時間の共有だったと思います。
ゆきずりの、その場だけの関係だからこそ深い話ができたところも、あるかもしれません。笑
イベント終了時、わりとみんなすぐ席を立って次々に会場をあとにしていて、手練れのスパイたちが会合を終えて「散ッ!!」って感じで散っていくイメージが思い浮かんで面白かったです。笑
自分の知らないところであのあとみんなご飯とか行ってたのかもしれないけど。笑
まぁそこは余韻として、知らないでおこう。笑
誘われたらみんなでご飯とか行ってみたい気もするし、なかったらなかったでドライに解散するのも全然気ままでいいし、もうとにかくストレスフリーでよかったな。


次回の著者本人回はもちろん参加するし、来月の大好きな作家さんの回も参戦予定!!
自分なりに読書の趣味をたいせつにしていきたいとおもってるよ、という話!以上!

 

↓関係ないけど最近食べて度肝を抜かれた銀座の高級チョコパフェ。

f:id:sawaraimamoru:20160710224638j:plain

52、恥じらいミートソース

サワライも上京して1年以上経つわけですから、だいぶシティーボーイ感に拍車がかかってきたんじゃないかと、もっぱらの評判なんですけど、テレビ番組で流れる東京のグルメ情報をもとに、休日フラっとランチに訪れる、なんて小粋なこともできるようになりました。

オタク界の革命児こと、モデルの市川紗椰さんが最近ミートソースにハマっているとかで、ちょっと変わったミートソースパスタのお店を紹介しているのを観て気になっていた、浅草橋のお店に昨日行ってみました。

電車の走る音が響く、ガードにほど近いお店の、カウンターしかない1階席で「日本一おいしいミートソース」を頼むと、シンプルな器に盛られたパスタが出てきました。

 

f:id:sawaraimamoru:20160704020033j:plain

 

あれ、ミートソースは????
素パスタだけ???
チープなコンビニ弁当によくある付け合わせの素パスタだけ???やばくない???
それとも心のキレイな人にしか見えないミートソースか???


とか思っちゃうお子様は今すぐ家に帰ってマ・マーのスパゲッティーでも茹でてな。

これ、実は器の底に濃厚なミートソースが敷き詰められてあるんです。

なぜソースを上じゃなくて下に配置するのかといえば、麺自体にめちゃくちゃこだわっていて、最初は麺だけで召し上がれというコンセプトなんです。お店の張り紙でも食べ方の順序が記載してある徹底ぶり。

麺にはチーズとバターがすでにからめてあって、それだけでもうすげえ美味しいからね。モッチモッチの食感と濃厚な味わいが合わさって、箸が進む進む。あ、ここはフォークではなくお箸でいただくタイプのパスタです。


とまあおいしい麺はわかったが、やはりミートソースを食べにきたわけで、そろそろ混ぜて食べたい。
混ぜるのがあまり早すぎたら、麺の味を本当に味わったか?となりそうだし、かといって麺だけで突き進めてミートソースがあまるのもちょっとダサい気がして、店員さんの顔色をうかがいます。
カウンター越しのちょうど前にいた店員さんは、わりと不愛想で、淡々と調理に忙しそう。全然表情が読み取れない。わかるのは、細身だけど、それでもしっかりと筋肉のついた二の腕でひたすらモチモチパスタにバターとチーズを絡めているということ。

か、かっこいい…。

ここらへんからなぜか緊張してしまって、味がよくわからなくなってきました。
カウンター席で店員さんに近い距離で食べるのに慣れていないという、致命的に食レポに不向きな性質が牙をむきました。

ぎこちなくかきまぜたミートソースパスタはおいしかったけど、おいしい以上の情報があまり思い出せません。たぶん、濃厚なモチモチ麺とのハーモニー方面の何かがおいしさを増長させていたことは確かです。

あ~、東京グルメをおしゃれに紹介するブログとか書きたかったけど、こりゃ無理っぽいな~…と、敗色をただよわせお店をあとにしました。

 

 

このあと電車に乗って上野に行きました。
東京都美術館の「ポンピドゥー・センター傑作展」がみたかったんです。

 

www.pompi.jp


ポンピドゥー・センターってなんだよって感じですが、フランスのパリにある近代芸術のための大きな施設で、現代アートのコレクションはもちろん、その建物自体も配管がむき出しだったり派手な配色だったりで、攻めた建築でちょっと有名なんです。

ここで告白しなければならないことがあって、サワライはパリのポンピドゥー・センターに行ったことがあるんです!ごめんなさい!オシャレぶってごめんなさい!本物ぶってごめんなさい!

でも違うんです。あの、その、卒業旅行で生まれて初めて1回だけパリとベルギーちょこっと行っただけだし、ほんとそんなたいしたことしてないんで、許してください…。


何はともあれ、そんなドキドキパリ旅行時に、ちらっと寄って面白かったポンピドゥー・センター。
実は前にブログで美術館のことについて書いた時に、触れてはいないけどポンピドゥー・センターの写真を載せていたんですよ…。フフフ…。

sawaraimamoru.hatenablog.com


ああごめんなさい!オシャレぶってごめんなさい!

でもね、たとえ美術品の本物の価値とかわからなかったとしても、実際に見たことのあるあのポンピドゥーの、あの雰囲気を、日本でもう一度ポンピドゥーできるのだとしたら、行ってみたい!!もはやポンピドゥーって言いたいだけ!!!

というわけでポンピドゥー・センター傑作展をみに上野まで行ったよ~ってことです。

なんならパリで見た作品、全部は見切れてないし忘れているものもあるしで、今回東京都美術館に展示してあった作品は全て初めて観た感じでした。笑
本当に雰囲気を味わいに行っただけ。偉い人に怒られそうな気もしますが、サワライは美術館をうわべだけでなぞるように表面的に楽しむことを信条としていますので、ノープロブレムです。

なんだか色づかいのかわいいエッフェル塔の絵とか、水たまりの上をピョンと跳んでいるおじさんの瞬間的な写真とか、見る方向によって色彩の組み合わせが変化する立体的な作品とか、映像とか、ガスマスクとか、大きな縄、とか、バリエーションに富んだ展示が面白かったです。

またまたお土産コーナーで気に入った絵のポストカードとか、まんまと買っちゃいました。てへへ。
というか調子にのってスマホケースとか買っちゃった。てへへ。
めっちゃミーハー。てへへ。

いや、だってめっちゃ上質なデザインなんですもん!
めっちゃ、ポンピドゥーっていうか…。
もうポンピドゥーって言いたいだけ。


さあさあ!明日からもお仕事をポンピドゥーしていこうか!!

f:id:sawaraimamoru:20160704020317j:plain

f:id:sawaraimamoru:20160704020337j:plain

51、カードはゴールドに限る。

ついにゴールドになりました!

 

クレジットカードではなく、運転免許証のことですが。笑

というベタな流れもしっかりおさえていきますよ。
すんませんね。


5年間、無事故無違反のドライバーは、こりゃ優良なドライバーだねえということで、免許の更新料も少し安いし、受けるべき講習の時間も少し短いし、なんかきくところによると自動車保険も安くなったりならなかったりするそうで、いいこと尽くしです。いやはや、安全運転最高!!

ま、単純に車を持っていない、普段運転する機会もないペーパードライバーなだけ、って話なんですけどね。(ここで全米が総ツッコミ)


でもね。なんかね。いいよね、優良って。ゴールドって。
こんな公的にほめられることってなかなかないですよ。
普段の生活でもめったにほめられることなんてないのに。

そしておそらくですけど、公的に支給される金色のものって、ゴールド免許だけなんじゃないでしょうか。貴重じゃない?そんなことない?


「確かなものが欲しいの…。」
そう願い続けてガムシャラに生きた四半世紀。
行きついた先は、ゆるぎない公的な証。
国家の犬と呼ばれてもいい。
あなたに認めてもらえたこと、車庫入れも満足にできないこんな私を優良だと言ってくれたこと、それだけで、あと5年は生きていける…。

なぜなら、次の免許更新が5年後だから…。
あらら、急に現実が押し寄せます。

 

新しい免許にはゴールドに輝くラインに有効期限が書いてあるのですが(というかゴールドの部分って結局この有効期限の欄だけ)、ついつい5年後の自分の歳を想像して、おいおい30歳こえとるやんけ、という気持ちになってあわてて想像を打ち消しました。

なんか、まだ、30代、想像できない、というか、したくない…。
こわすぎる…。
とかなんとかグダグダ言いながらあっというまに30代に突入してしまうであろう切なさが簡単に想像できてしまう…。

 

世間じゃ30歳って、働き盛りだとかなんとかで希望にあふれるイメージがありそうなモンかもしれないですけど、サワライ的には、ちょっとまだどうにもこうにも不安しかないのが正直なところです。
これ、たぶん単純に性格の問題な気がしますが。笑

わて、チキンですねん!ビビリですねん!
BUMP OF CHICKEN世代ですねん!(関係ない)

 

あ!でも、ちなみに、不安の度合いでいうと、去年よりはやわらいでいる気もします。
それは会社生活に少しずつ馴染んできたこととか、カミングアウトしたこととか、ゲイの友達が増えつつあることとか、そういう兆しが実感できているからかもしれません。

まだまだじゅうぶんに不安だけども!
だけども、来年、再来年と歳をとっていったら、もうちょっとずつ、小ぶりな不安としてとらえられるのかもなあ、なんて、淡い期待を持ちつつある、今日というよき日に、免許の更新を滞りなく完了できましたこと、幸甚に存じます。

 

はあ?ていうか、たかが免許更新にこんなに思い馳せてんのまじでキモいんですけど。
今さえよけりゃそれでいいんだよ!ブンブン!
そんなヤンキー精神にあこがれがある。
は~、もっと考えずに生きたい。もっとシンプルに。
ゴニョゴニョ考え込むとか、ちょ~ダサいんですけど!
そう、ダサいということが、一番優良ということなのかもしれません。
優良って悪いことではないよね?でもつまんない?
おもしろい優良ってできない?両立ってできない?
わからない。わからない。

 

あー!ダメだダメだ!免許更新とか事務手続きって、待ち時間が異様に長いからイヤですね!しょーもないことばっかり考えちまうよ!

前を向こう!希望へ進もう!
明日を見つめよう!
あした月曜じゃねえか…会社…だりい。
しゃーなしがんばる!!!

f:id:sawaraimamoru:20160626214113j:plain

50、ヘルシー・カルチャー・マキシマム

5月末の金曜、1年の業務の成果をまとめた部署内の新人発表会がありました。

メーカーの開発部門なので、それこそ学会発表的な、技術の研究発表ノリ的な、カッチリとしたものをやらなければならず、パワーポイントで15分程度のスライドを作って、普段は作業着だけどこの日はスーツで発表、みたいな、わりとめんd、カッチリフォーマルな感じでDo it now! して、ようやく肩の荷が下りたというか、肩の荷がポーン!とFly awayしたのでした。


わりと自分的に死にもの狂い方面のがんばりを、5月は特に決行していたので、なんとか奇跡的に満足のいく発表ができました。し、話したことのない別グループの先輩とかにも発表よかったよ的ななんらかの示唆をいただいたりしちゃって、うっかりいい気分になってしまいました。ていうかそんなことよりも、普段あまり面と向かってほめるとかしないような所属チームの人たちが自分のことのようにうれしそうにして(いるように見え)たことが、くやしいけど自信につながってしまいました。ぐへへ。

 

いやはや大きな目標がひと段落して、少し燃え尽き症候群ですよ…なんて思っていたのもつかの間、次に市場に出さねばならない製品の納期的に大急ぎで図面を作る必要があり、猫の手も借りたい状況にて、ニャ~ンとサワライの手で進めるノロマな作業も求められる始末。まったく、やれやれだぜ。

なんて悠長な感じでもないですが、自分の微力でもお手伝いできることをガムシャラに着き進めている、そんな6月前半でございます。
もうちょっとしたら落ち着くと思うんだけどな~。必死必死。

 

でもまあ合間みておいしいものを食べに行ったり映画も見に行ったりできていて、なんとなくバランスをとれている気になっています。


映画は「ズートピア」と「殿、利息でござる!」をみましたが、どっちもめっちゃくちゃよかった。
ズートピア、差別的な現象の切なさに目をそらさず、かつ説教くささもなく、物語としてスッと入ってくるのすごかった。そのうえハッピーな気分にもなるなんて!
殿、利息でござるは、コミカルと人情の最強マッチング。そりゃ間違いないよ。阿部サダヲだしね。瑛多とツマブッキーかっこよすぎ!そしてハッピーに終わる!キャッホウ!


最近読んだ本で面白かったのは、川村元気さんの「理系に学ぶ」。
文系の著者が、今ホットな理系の人(ニコ動とかユーグレナとかラインとかのトップの人)にインタビューをしていくんだけど、業績のすごい人はその人の生き方とかしゃべり口がすでに面白い、ってところが発見でした。科学の最先端の話を知れるのももちろんこの本の良さだけど、その人のパーソナリティーに分け入っているところがよい。

理系って、無機質というか人情に乏しいイメージが先行してしまうこともあるんだけど(理系のサワライ自身、理系に偏見がある)、冷静に見える科学技術の背景にもアツいストーリーが流れていることが感じられたのがよかったな。

そしてどうやらみんなのインタビューを総合していくと、文系だの理系だの分けて考えることにそこまでたいそうな意味合いは必要ないと感じていくようになります。

たくさんの理系の方々にお会いすることができて「理系と文系は同じ山を違う道から登っているだけだった」ということに気づきました。人間にとって「幸せとは何か?」「美しいものとは何か?」を、理系はサイエンスやエンジニアリングを通して、文系はストーリーやアートを通して追及している。

ということに著者は思い至り、理系と文系の融合が理想形かも、というような結びだと感じました。

理系のサワライも、ブログで文を書き続けていきたいなあと改めて思いました。

 

あとは松田青子さん、吉本ばななさんのエッセイ集と、柚木麻子さんのセックスレスの夫婦の小説とか面白かった。笑


ドラマはゆとりですがなにかが最&高。ここにきて岡田将生さんのよさがわかってきてしまったかもしれません。安藤サクラさんめっちゃ好き!

バンバン不倫する不機嫌な果実もこんなにいい男がポンポンほんとにくるのか!?とか言いながら結局最後までみてしまったー。

といった感じです。
もう俗っぽくてめちゃくちゃです。わははは。

 

健康で文化的な最大限の生活、目指していきたいところです。ガハハ。


あしたは月曜ですかあ。
そうですか…。
おおー!武者震い!!!ひゃははははー!(ここで虎に変身して走り出す)

f:id:sawaraimamoru:20160612221017j:plain

49、壁に耳あり障子に目あり、I am メアリー。

滞るブログ更新。
ボケ防止に、ちょっと前の出来事を思い出して書いてみようと思います。

ゴールデンウィーク後半、土曜がなぜか出勤日で、最後の日曜1日で翌週の平日勤務に備えなければならなかったので、気合い入れてなんかしてやろうと思いました。

かといってそんなに派手なことは思い浮かばず、朝から新宿に映画をみに行きました。

「モヒカン、故郷に帰る」という作品が気になっていて、気づいたらもうテアトル新宿でしか上映していなくて、急いでみにいった形。結果はすげー大当たり。

mohican-movie.jp

あらすじは、松田龍平さん演じるモヒカンが、彼女役の前田敦子さんを連れてまあ、故郷に帰るっていうストーリーなんですけど。(笑)

東京で売れないバンドマンをしているモヒカンが彼女の妊娠をきっかけに故郷に帰ってみたところ、お父さんがガンで入院しちゃうんです。

こんな説明だと、なんだよ、病気ものでお涙ちょうだいかよ、なんてうっかり思われちゃうかもしれませんが、この作品は終始ゆるい空気感で、クスクス笑いどころが満載でした。

主役のモヒカンがすげーとぼけた感じで、ちょうど朝ドラ「あまちゃん」で松田龍平が演じたミズタクみたいなすっとぼけた感じで、入院中のお父さんに自然にタバコ吸わせてやってあとで怒られちゃう感じで、すごく気が抜けていてよかった。(めっちゃほめてる)

彼女の前田さんもすげー天真爛漫な感じがよくて、お姑さんになるであろうもたいまさこさんとすぐに仲良くなって、夜中にネイルしてあげるシーンとか、ものすごくよかった。

お父さん役の柄本明さんが死にそうな演技なんだけど、どこかコミカルで、周りもちょっとのんびりしていて、笑っちゃうんだけど、それでも確かに思いあう気持ちがあって、みたいな感じ、すごくよかった。


死と笑いが両立するということにすごく希望を感じて、とてもいい映画でした。

 

その後は、新宿の本の聖地こと紀伊国屋書店に行って6冊ほど気になる本を爆買いして物欲を満たし(まだ家に読んでない本いっぱいあるのに)、気の向くままにファミレスに行って、少し贅沢に遅めの昼食。


すると、ファミレスで案内された席のとなりのグループの会話がどうにもこうにも怪しくて、本を読んだりご飯食べたりするかたわら、思わず聞き耳をたててしまいました。

4人いて、そのうち50代くらいの小太りなおっさんが、他の3人に対して資料を並べ、何かの商品の説明をしているようでした。

「機械の測定でも波動の数値がMAXで~」
「パワーがMAXになった波動が血流に影響を~」
「基本はこのブレスレットをつけっぱなしにしていただくんですけど、バランスがいい状態で筋肉が動くようになるから外していただいても~」
「ヨガでいうチャクラのような~」
「インド医学のアーユルヴェーダの流れをくんでいて~」


こ、これは!!!!!
マルチ商法!?は、はじめて居合わせたかもしれない…。
本当にマルチ商法って存在するんだ、というちょっとした感動がありました。
(あくまで個人の見解です)

断片的にしか聞き取れませんでしたが、最初から最後までうさんくさくて、もう気になって気になって仕方がありませんでした。

特にサワライは最近、開発業務の1年の成果発表を目前にして、データを具体的な数値で分析しろと散々怒られてきたので、「波動の数値がMAX」とかいう漠然とした言い回しで商品のメリットを説明しようとするおっさんに対して、「そんな曖昧にデータを提示したら、ぶっころされんぞおっさん…」と思わずにはいられませんでした。
ただ、説明される側の人はみんな熱心に聞き入っていて、ウソだろ…そんな説明で納得しちゃうの…という感じで脱力してしまいました。


悪いとは思いつつもさらに盗み聞きし続け、どうやら説明を受ける3人のうち20代の女性がジムかなんかでヨガ系のレッスンを受け持つインストラクターで、あとの40代の夫婦っぽい2人が彼女の受け持つ生徒さんみたいでした。

インストラクターの女性が、おっさんから教えてもらった波動を発するブレスレット?だかシール?だかを利用するようになって、体の動きがよくなったもんだから、自分のクラスの生徒さんたちにも普及させるべく、おっさんにより詳しく教えてもらっている、といった感じでした。

こんなふうに次々に売っていくんだな~、こういう形でお金が動くということもあるんだな~と、なんだか感心してしまいました。社会勉強。

 

中でも面白いなと思ったのが、説明を受ける男性が冗談を言う感じで、
「この波動が出るシールを貼って、ケータイの電池のもちが良くなる、なんてことはさすがにないですよね~?(笑)」ときいて、
説明するおっさんも
「さすがにそれはないですよぉ~(笑)」
と答えてみんな、ですよね~と笑い話になっていて、
あ、そこまではさすがに信じないんだ、みたいな、境界線が見えたのが面白かったです。


波動とやらがケータイに影響を及ぼすわけがない、ということは理解できても、人体にはなんらかの良い作用をしてくれると信じるんだ、っていう。

物理的な現象で説明できていない以上、ケータイにも人体にもなんも効果がないと思いますよぼくは!
(あくまで個人の見解です)

 

これだから、たまのファミレスでの贅沢はやめられません。
いいモンみれた。(悪趣味)

俗っぽくてすみません。

この日はこの後散髪にも行って服も買いに行って、めちゃくちゃ散財したんですよね。

こういう一人で色々散財する休日、けっこう好き。

ひひ、その分働かねば。

f:id:sawaraimamoru:20160522033736j:plain

48、出会いを求めて三千里

5月3日は戸越銀座に出かけて、4日、5日と予定がなかったんですけど、別に予定のない休日でもそれはそれで好きで、いつもなら暇な休日も一人でエンジョイできる系を自称していたはずだったんですけど、でもやっぱりGWは人ごみでいっぱいだとか、みんな楽しそうだとか、そういうイメージで膨れ上がって、なんか落ち込みモードで、しかも本読んだり映画みたりっていう気分でもなくて、なんか、まじゴロゴロしてるだけのただの肉の塊?みたいなそういう考える葦、みたいな存在になってしまって5月4日、あ~なんかまじで生産性ないな~、普段から生産性ないけど、今日は一段と生産性ないな~、みたいな感じで自己嫌悪が加速して、光の速さに達したところで、なんとなく掲示板で20代ゲイで飲み会しますよ~みたいな書き込みを発見して、え、あ、どうしよ、なんか、あやしいけど、えやっ、なんかでもGWの爪痕、なんか残したい、でもあの、なんかこわそうだけど、え、あ、なんかとりあえずメール送ってみっか、みたいな感じで、5日の夜に新宿に飲みに行ったんですよ。


ここでおさらいしておくと、自分はゲイですけど、経験がなくて、去年身近な人にカミングアウトをしたり、ゲイの友達が少しずつ出来始めた、ぐらいの、ひよっこというか、ヒヨコみたいにかわいいもんでもないんですけど、太鼓の達人でいうところの太鼓見習い中だドン、って感じっていうか、あーまあそういう感じなんですけど、ゲイの友達増やしたい、あわよくば彼氏作りたい、みたいな感じなんですよ。


でもね、ネットで1対1で知り合おうとするの、けっこうメッセージのやりとりとか自分苦手で、なんか難しくて、2丁目のゲイバーに友達に連れてってもらった時にこういう対面式で出会った方がよいと言われたけど、そう簡単にホイホイ行けなくて、あ~結局どうしたもんかねえ~って感じだったんで、複数のゲイがいる飲み会に行けるなら、自分の負担も人数分で割って軽くなるはずだし、少し気軽に行けるんではなかろうか、という感じでした。


でも実際、参加させてください、と送ったメールの返信で来た会場の案内が、なんかこれまたあやしい感じに思えてしまって笑、おもわずカミングアウトしている女友達にメール相談したら、やっぱりあやしくね?となるくらいだったんですけど、まあウジウジしても始まらない、ちょっと様子見に行ってイヤだったら帰ってくればいい、みたいになって、なんとか、気合い入れて、緊張でゲロ吐きそうになりながらも新宿へ向かったんですよ。

 

そしたら!全然心配していたような雰囲気ではなく、たいへん和やかなムードで!
と~ても楽しい時間を過ごせました!
こわいから行くのやめる、とかしなくてよかった…。
で、まあみんなゲイだし貸し切りの場だったので、気兼ねなく、ざっくばらんに話せて、やはり共通の話題があるから、盛り上がってよかったです。

 

ただ、自分の課題もみえてきたな~という感じもありました。

要はそういう飲み会って、友達を作る場でもあるけど、彼氏を作る場でもあるわけです。

一種の合コンテクニック、みたいなものがないと、積極性がないと、彼氏方面の出会いにはならないと感じました!当然なんですけど!

というかなんというか、そういう恋愛対象になりうる人が複数いる飲み会でのコミュニケーションですよ要は!!

サワライは、サワライは、そういうコミュニケーションが苦手で苦手でどうしようもなく苦手で、仕方ないわけなんですよおおおおぉぉ!!(サンボマスターを意識)


いや、なんていうんすかね?
サワライも一応社会人なので、普通に自己紹介とか相手のこときくとかはできるつもりなんですけど、好きなタイプとか、付き合う人に求める条件とか、を、付き合う可能性のある人々に向けて発信する、という場面?が、すげえ苦手だ~って痛感しました。

マッチョな人の前で、「筋肉ある人が好みです」っていう場合、そのマッチョな人への責任が生じるくない?みたいな。
「じゃ、お前ら、付き合っちゃえよ~、フゥ~↑↑!?」みたいな?そういう、その場のノリなんだろうけど、なりますやん?
もし万が一、そのマッチョの顔が好みじゃなかったら、どうすんの?みたいな。

いやもうほんとただの自意識過剰なんですけど。なんですけど。そういう話題の時に、うまくしゃべれなくなるんですよ…。

そんで、席の離れたあまりしゃべってない人で、ひょっとしたら気になる可能性あるかも?くらいの印象の人に話しかける時はどのツラさげて行けばいいの?みたいな。自分だけ自然にふらっと席替えしちゃう、みたいなやつはアリ?とかね。さりげなく、うまく振る舞いたい…。無理か…。


いや、これ、世間の人どうしてんの?って思った。
小悪魔系女子とか、どうしてんの?みたいな。
いや、これ、もう初歩?合コン初歩?
ていうか飲み会の初歩?
てか普通に、人としての初歩?


いや~、自分これまで合コンとかあの手この手で逃げてきたし、友達との恋バナ、みたいのもノラリクラリ話題を強引に変えたりしてきたから、そういうものがなんなのか、本当にわかんなくてチャレンジ1年生。


普通、こんなめんどくさいこと考えないもんかな?
いや、もう、ゲイのカミングアウトとかしてんだから普通がどうとか、気にするのもアホらしいはずなんですけど…。
普通がどう、とか、みんなに嫌われたくない、とか…。

ゲイだけの場とはいえ、不特定多数の人が集まる飲み会での立ち振る舞いが、よくわからない、という感じです。ふぇ~ん。

自分のめんどくささがけっこう深刻な気もしてきてるね。

 

いや!でもなんか経験積んでくしかない気もする。
世の中のみんなも合コンこんな感じで死にもの狂いでやってるってこと?
積みかさねて、慣れて、恋を勝ち取ってゆくもの?
どうなんだい?ん?


正直ね、世の中の、男女の合コン、軽く見てた。
お気楽でいいね、みたいな。
無意識のうちに、バカにしてたかもしれない。
でも今回、本当に世の中の男女に土下座であやまりたくなった。
あんたたちはすげえよ…。
おれが逃げてきた恋愛というものに、性欲というものに、真正面から立ち向かってるんだもん。それってすごい。ライフタイムリスペクト。一生一緒にWikipedia~♪
どうなんだい?ん?

 

とりあえずカミングアウトしてる女友達に相談に乗ってもらうことになった。

合コンテクの研究。

なんだろう、つけま、とかかな。

f:id:sawaraimamoru:20160509232307j:plain

sawaraimamoru.hatenablog.com

sawaraimamoru.hatenablog.com

 

 

47、ゆるキャラの名は、戸越銀次郎

ヒルナンデスのリポーターもすなる食べ歩きといふものを、ゲイもしてみむとてするなり。

ということで(?)、食べ歩きの聖地・戸越銀座に初上陸して、色々食べました。

帰省もしない反GW勢力のサワライに、「東京観光しよう」と優しく声をかけてくれたのは、関西在住で東京に遊びに来た大学時代のお友達。ヒマ人を誘ってくれて感謝。

っておい、浅草とか東京タワーとか差し置いて戸越銀座かよ、感は否めませんが、食べ歩きとか一番楽しいじゃんねえ?なぁ、おい。

テレビやネットの東京食べ歩き特集で、「戸越銀座」というワードを聞くたびに見るたびに、なんだか強く惹かれるものを感じていた。理由は特にない。「戸越銀座」というフレーズの魔力、ただそれだけ。

今回行こうとして詳しく調べて、初めて「銀座」とはまったく別の場所にあることを知りました。

山手線の五反田駅で東急なんちゃら線に乗り換えてすぐ、昼過ぎの戸越銀座駅は多くの人でにぎわっていました。

線路と垂直に交わる戸越銀座商店街の道のりは、日本一の長さだとかそうでないとか。商店街を彩る店々は、どれも歴史を感じる安定した佇まいで、すんごくなつかしい感じのする通りでした。
本当にこういう下町っつーか懐かしい街並みが東京にあることが、面白いなあと思います。
田舎っぺは「東京=全部都会」っていうイメージしか持ってながっだもんなあ!?

でも銀座っていう響きから来る洗練された感じが全くないのに、銀座って名乗ってんの、ちょーウケたかんね。
(ちなみにおばあちゃんの知恵袋ことWikipediaによると、1923年の関東大震災の時の銀座の瓦礫で低湿地帯を埋め立ててできた土地だから戸越銀座って名乗っているそうな!)

 

まあとにかく、いろんなものを食い散らかしました。

パン屋さんのフカフカおやきで軽くならして、練り物屋さんでおでんを適当に見繕ってもらい飲酒。名物のおでんコロッケも、出汁がうまい具合に作用していてよかった。オシャレな塩を試験管みたいな容器でオシャレに小売りしている新しそうなお店では、なぜかプレーンなおにぎりだけを買って、自由に塩振りかけてみて!というストロングスタイルを体感。塩っ気が強いかそうでないか、ぐらいの違いしか自分にはわからなかったが、そうじてどれもウマ塩で、全編にわたってうま塩にぎりでした(サワライは舌バカなのである程度おいしいと全部おいしい!という感想だけになる)。
揚げ系のパン屋さんで名物カレーパンがあがるちょうどいいタイミングに出くわし、出来立てにかぶりつき、名誉の火傷。あまうまなカレーのルーが、サクサク生地にマッチどぇ~~~す!そうこうするうちに有名な唐揚げ屋さんが視界に入り、吸い寄せられるようにイートインスペースへ。ハイボールと鳥の唐揚げの組み合わせは、文科省推奨だとかなんとか、井川遥も宣伝してるもんね。昼間から飲酒する、という背徳感が最高のスパイスとなり、唐揚げはおいしさを増し、酔いがさらにまわる。
一通り商店街をまわったね~、と駅に戻ってきたら、どうやら線路を挟んで反対方向にも商店街は続いているということがわかり、進んでみるとまた違う唐揚げ屋さんが!こちらはちょっと西洋風寄りな店がまえ?味付けもガーリック寄りでさっきのお店とはまた違った種類のうまさ!う~ん、甲乙つけがたし!とりあえず食う!食う!食うことしかわらわにはできぬ!ひかぬ!こびぬ!かえりみぬ!
てか、甘み~!甘味ほし~!とここで味の向こう側へ行きたくなり、端っこのたい焼き屋さんへかけこみ、あんこ入り!しっぽまでつまっておるタイプか、おぬし!ククク!てか、お好み焼きたい焼き!?ってのも売ってる?!ということで2個同時に買って食う、食らい尽くす。たい焼きの生地の中にほんとにお好み焼きの具材とかチーズつまってやがんの。ちゃんとうまいから、ウケるよね。もちろんあんこのたい焼きもまた、正義のおいしさ。あ~、ごちそうさまでした!

 

という感じでした。ちなみに3人で行ったので、わけわけしながら食べているので、あしからず笑。
いや~いっぱい店まわったようだけど、商店街の人に聞いたらGWで市場が休みの影響が出るところは休んでるよ~とか言ってて、確かにメンチカツが有名な精肉店とか、焼き鳥屋さんとか、団子屋さんとか今日見なかったな…となった。
こんなに満足感あるのに、これが戸越銀座の全力ではない、だと…!?
恐ろしい子っ…!!
今度はまた全力の戸越銀座で、メンチカツをほおばりつつ団子三昧もしたい。


よい憲法記念日でした。

f:id:sawaraimamoru:20160508223407j:plain