読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるゲイのサワライ マモル。

社会人2年目、慣れない東京

30、カミングアウトボンバー2

今週のお題「今年見に行ってよかったもの」

~・~・~・~・~・~・~・~

昨日、生まれて初めて新宿二丁目のゲイバーに行ってきました。

 

内向的な25歳童貞ゲイのサワライは、ゲイ界の聖地・新宿二丁目にキラキラした・どこか近づきにくいイメージを勝手に持っていたので、これまで勇気が出ず訪れることができていませんでした。

そんな中ゆうべは思いがけない形で二丁目に突撃できてしまい、わいわいなんだか楽しい気分で、ふわふわと家に帰って、気づいたらすやすやと眠っていました。
いま、一日経ってからようやく、「なんだ、二丁目、行けたじゃん!」とじわじわと実感がわいてきたので、記録しておこうと思います。

 

今年はサワライにとって変化の年でした。
就職に伴ない新天地・東京に移り住み、ゲイとしてちょっとでも誰かと交流をしようと、このブログを立ち上げました。
そしたら本当に少しずつではありますが、サワライのブログを読んでくださる方ができたり、同じようにブログを書くゲイの友達ができたり、あと夏には、同じ会社のゲイの先輩と出会って初めてのカミングアウトをしたりしました。
(↓詳しくはこちらの記事参照)

sawaraimamoru.hatenablog.com


内気なサワライにしては上出来の2015年だな~とか呑気に思っていたのですが、ここにきてまさか二丁目まで行けてしまうとは。

昨日は新宿で大学時代の友達と、約半年ぶりの飲み会でした。
重度の人見知り・人嫌いを患っているので、友達が少ないのですが、その分だけ少数精鋭の素敵な友達がサワライにはいるのです。


じゃあ大学時代に打ち明けとけよ、って思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そこはビビリのサワライ。嫌われるのが怖くて、ゲイなんだということをずっと言えずに、気づいたら就職してたんですよね。

 

ほら~、私ってぇ~、真面目だけが取り柄みたいなところあるじゃないですかぁ~?


男が男を好きになるなんて不自然だから、言わない方がいいんだって、誰よりも常識にとらわれていました。
真面目に勉強してきた頭を使って、嘘でみんなを誤魔化すことが、できてしまったんです。
そのくせ、みんなの前では面白いことで笑っていたいもんだから、ひょうきんな自分が強みだと信じて、ちょっと深い恋バナみたいなものを避けて避けて、ここまで来たんです。来れてしまったんです。


でも、いざ会社員になって、大人として、いろんな人とまた自己紹介から始めましょうってしてみたら、そうやってゲイじゃないって嘘をつくことの方がよっぽど不自然だということに気づきました。
これは別に、ゲイを隠す生き方を否定しているわけではなく、少なくとも自分には難しいことだと思ったんです。会社の同期とも、いまだにうまく溶け込めていない気がするし。


入社した後、少し経ってからその大学時代の友達(関東勤務組)と会った時も、ノンケ(ゲイでない異性愛者のこと)のふりして会話をしていると、つらかった。友達に嘘をつくことは、自分には向いていない。たぶん、うまく笑えていない、そんな気がしました。

そうして今年の間はしばらく大学時代の友達とはあまり会わなくて、なんとなく連絡もとらずに、距離があいていたんです。

 

そんな流れで、夏の終わりのカミングアウトボンバー1。
会社のゲイの先輩に出会って、号泣しながらやっと初めて人に自分がゲイですと伝えることができました。


味方をいっぱい作ればいいんだ。そうやってゆっくり始めていけばいいんだと、そう思えました。


上の記事でも書いたのですが、この時は本当に取り乱して、泣いて泣いて、人にゲイだと打ち明けることが自分はすごく苦手なんだと思って100%スッキリというわけにはいかなかったんです。こんなカミングアウトするたびに精神グラグラにゆれんのか…疲れるだろ…先が思いやられる…みたいな。いや、カミングアウトできたこと自体は本当に奇跡で嬉しかったんですけどね。

 

そんなこんなパンナコッタで、みんなに連絡とろうかどうしようか、モジモジ迷っているところに向こうから関東組忘年会をしようというお誘いが!

これは、これは、もう、やっちまうしかない!もう、泣きながらでもなんでもいいから、自分をさらけ出して、ありのままで、レリゴーで、松たか子でいくしかない!

そうして臨んだ昨夜の飲み会。
みんなお互い久しぶり状態で、最近どうなの~で、やっぱり見知ったテンションですごく楽しく心地いい。

 

そんな中サワライは内心ドキドキですよ。

いつ言おうか。いきなり言い出しても唐突だし。てか多分また泣いちゃうだろうけど、だいぶ重い空気になるだろな…どうしよう。てかてか、案外このまま何もなく終わっちゃう…?だとしたら次いつ会えるのかわかんないしそれはダメだ!じゃあいつ言うの?今でしょ!衛星ハイスクール、高校時代にお世話になりました!


とか脳内劇場が繰り広げられる中、友達のうちひとりが
「てかマモル彼女できたん?」
と聞いてきました!

 

待ってましたーーーー!!!

と思って、これを逃すもんかあ!と思って、
いつもなら自分の話題からそらすためにモジモジして誤魔化すところを今回は、
いつもの372倍クネクネしながら、

「あの~、その、、、実はみんなに相談したいことがあってぇ。。。」

とゴニョゴニョ、男性が恋愛対象で、最近がんばろうと思ってて、でもどうアクションを起こしていいのかわかっていなくて、だからみんなにたまに話し相手になってほしいんだということをなんとか精いっぱい伝えることができました。

もう不自然に嘘をつくことはやめにして、みんなと自然に恋バナがしたいんだよ、って言えました。

 

そしたら、みんなが、

「えーーーーーーーーーー!!!!!
じゃあ今から二丁目に行ってみんなで相談しに行こう!!!」

って言い出して、

えーーーーーーーーー!!!!??????
ってなりました。
今から?みたいな。

「だってオレらもよくわからんことばっかりやし、聞きに行った方がはやない???」
って言ってくれました。

いや、せやけども!
せやかて工藤!(名探偵コナンより)
てかいいの?おれは、いいの?みたいな。


なんか、もう、まったく普通に受け入れてくれました。
みんな、「変わらずに好きだよ」って言ってくれました。
「言ってくれてうれしいよ」的なことまで言ってくれてたかな?なんかもう有頂天で記憶が定かではないですが、たぶん本当に一生分の大好きを言ってもらっちゃった気がします。
女性陣からめっちゃハグしてもらって、男性陣からズルい!と言われる構図が滑稽で、幸せで、幸せすぎて、私こういう時どんな風に笑えばいいかわかんない、みたいな、綾波レイ状態でした。

 

なんか、とにかくワイワイ騒いで、涙を流すヒマがありませんでした。
泣かなくても、言えるようになったんだ。
進歩しすぎてこわい!
ウソっ、私の躍進、すごすぎッ…!?

 

ということで新宿在住のベンチャー君が行ったことがあるというゲイバーにみんなで連れて行ってもらって、ワイワイ楽しんでしまいました。

対応してくれたお兄さんが毎分5ボケぐらいの頻度でかまして爆笑をかっさらいながら、サワライのことを親身になって話も聞いてくれ、「アンタは出会い系とかよりゲイバーに行ったりして交友関係を広げる感じがいい」とアドバイスまでいただきました。

どうやらゲイバーにはざっくりと2種類あって、1つはゲイの出会いが優先の、ゲイ以外入れないお店と、もう1つはノンケの男女も入れる観光目的のお店があるとのこと。
今回入ったお店は後者で、そういうお店に何回か行って徐々に慣れていく方がいいよ、というものすごく具体的な助言が本当にありがたかったです。
加えてその場でみんなが「一緒についてくから!」と口をそろえて言ってくれて、ボトルもちゃっかりキープして、また来る約束をしてフィナーレとなりました。

「アドバイスはたしかに的確だったけど、向こうはあくまで水商売なんだから、あたしが絶対一緒についてくからね。ぼったくりとか絶対あわせないようにしてあげるから」という男前なことを言ってくれる子もいて、つくづく心強すぎる友達に恵まれたな、と思いました。

 

昨日はゲイバーに行けたことも画期的だったけど、頼もしい味方がいっぱいできたことが本当に本当にうれしくて、すごくよかったです。

 


嬉しすぎて、いつも長いブログが余計に長文になってしまいました。


カミングアウトはどんどんするべき!とか言うつもりはありません。
実際サワライもず~っと長らく慎重に自分のことを守ってきましたし。

ただ、自分の思考だけで抱え込むより、時には別の誰かに頼ってみると、本当に予想外の展開になるんだという発見がとても衝撃的でした。


みんなで二丁目に行けてよかったな~という話。


12月だけど、ゆうべは少しも寒くなかったな。
The cold never bothered me anyway.

f:id:sawaraimamoru:20151213202851j:plain