読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるゲイのサワライ マモル。

社会人2年目、慣れない東京

20、家電の宇宙

どうも、カリスマブロガー見習いのサワライ マモルです。


このブログを始めて半年が経ったわけですが、いっこうにカリスマになる気配がありません。
予定だと今頃Navarまとめサイトあたりに2、3件記事がまとめられたりしているつもりだったのですが、まったく世間ったら見る目がなくてやれやれって感じです。

先日仕方なく「ブログ カリスマ なり方」で検索しようと愛用のノートパソコンのキーを叩いていたら、なにやら手元が熱い。あら、うちの子熱出してる…!?

ちょっと前から薄々感づいてはいたのですが、ノートパソコンの寿命が近づいているんですよね。動作がやけにモッサリするし、すぐ発熱するし。
まあ大学入学時に買ってもらったものが、社会人になるまでしっかり故障なく動いてきてくれたことに拍手ですよ。

本当にわずかではありますが貯金的なものも形成されつつある今日この頃、新しいノートパソコンを買ってみてもいいかなあ~なんて淡い夢を抱いて、近くの家電量販店へと足を運びました。

 

家電量販店って、本当に宇宙ですよね。
広すぎ。取り扱う品数多すぎ。
これ、ほめ言葉半分、文句半分でサワライは言ってます。
ちょっと、大きくなりすぎじゃね?っていう。

だって店員さんも全部の商品把握しきれないでしょあれじゃ。
もちろん担当の持ち場が決まっていてそれぞれの専門を分担しているのはわかるんですけど、ちょっと隣のフロアのこと聞きたいだけなのに係の者呼んできますね~ってどこか行っちゃって待たされるの、どうにかなんないですか?

こないだ洗面所の電球の替えがほしかっただけなのに、15分くらい待たされましたよ。
幅広い品ぞろえを強みに押し出すのもわかるけど、ちゃんとコントロールできるようにしてくれよ、って思うんですよね。
そら、無知な家電弱者のサワライに非があるのはわかってますよ!でもそういう不慣れな人にも優しいお店って素敵じゃないですか、ってことです。

 

そういう記憶もあり、パソコン売り場へは、希望半分、不安半分で行きました。

売り場には、それはもうキラキラした真新しいパソコンちゃん達が何個も並んでいました。もう、どれ選んだらいいかわかんないくらいたくさん。
一応、事前にネットで、今のご時世どれくらいの機能が一般的に必要かとか、オンライン販売の値段とかチラっと確認してからお店には行ったのですが、スペック欄のおびただしい文字列を前にすると、思考回路はショート寸前。混乱してしまいました。

てかけっこう予算より値段高いし。もう半泣きです。

すがるように近くの店員さんに相談してみると、色々機能の説明とか、スペック表示の内容とかを教えてくれるんですけど、なんかこう、サワライが求めている情報とは絶妙に少しズレたことしか教えてくれないんですよ。いや、もうこれ完全に自分の要求を正確に伝えられないサワライの責任でしかないんですけど、販売のプロなら、もうちょっと購買意欲を刺激するような、魅力的なセリフで口説きにかかれよ!って思いました。こいつ本当におれに売る気あんのかってくらいでした。

たまたま、そういう店員さんに当たっただけかもしれないし、サワライのみすぼらしい様子から冷やかしの客だと判断して省エネ接客だったのかもしれませんが、とにかくサワライのノートパソコンへの気持ちはしぼんでしまいました。


一応店員さんは次々にいろんなパソコンの説明をしてくれたのですが、だんだん「本当にパソコンが欲しいんだろうか?」という疑問で頭がいっぱいになって、意識もぼんやりしてきて、大いなる家電宇宙のブラックホールにゆっくりと吸い込まれていくような錯覚に陥りました。

もうだめだ、今日は出直そう。
店員さんにお詫びをしてその場を離れようとしましたが、なんとなくくやしくて、手元がフカフカするちょっと高いマウスパッドだけ買って帰りました。

 

パソコン狩りに行って、収穫マウスパッドだけって、なんかまぬけで、自分らしいな、って思いました。


みなさんも家電量販店へ行く際には、意志をしっかり持ってくれぐれも取り込まれぬよう!ちくしょう!

f:id:sawaraimamoru:20151018200834j:plain