あるゲイのサワライ マモル。

社会人2年目、慣れない東京

6、新人と飲み会と枝豆

今日は同期入社のみんなと飲み会でした~。
わりと、酔っ払ってますよ。笑

サワライはあまり酒に強くないのですが、
ちゃんと自覚があるので無理な飲み方はしません。
まぁ乾杯のビール1杯くらいは付き合って、
そっから梅酒とかに切り替えて端っこの方でチビチビ
おとなしく飲んでおく、という戦法を得意とします。

幸い会社の雰囲気も、一気飲み強制とかしない穏やかな社風で、
お酒のトラブルは心配しなくていいかな~という感じで安心しております。

 

が、しかし。

飲み会というものは、ただ酒飲んでりゃいいってモンじゃないですよね。
お酒の力でリラックスしたムードのもと、
その場にいるみんなでおしゃべりしよう、という大きな目的があるわけです。
ましてやサワライは新入社員なわけで、
大量の初対面の人と、交流する必要があります。

きました!
サワライの最も嫌いな概念のひとつ、「初対面」!

コミュニケーション能力の低いサワライは、
初対面がものすごく苦手なんです!

 


ここで読者のみなさんは、
「おいおいなんだよこいつ、ブログに友達欲しいって書いときながら
リアルの友達つくる絶好の機会に何ふざけたこと言ってんだよクソかよ」

という、もっともな意見をお持ちになると思います。

 

いやだって仕方ないじゃん!サワライくそだもん!
ピンチはチャンスになるってよく言うけどなあ、
チャンスもピンチになるんだよおお!(泣)

 


いや~なんなんですかねあれは。
気心の知れた友達とお酒飲むのは楽しいんですけどね~。
気心を知る過程が苦手というか難しいというか…笑

 

多分、初対面の人に対しては、自分のことをよくみせようとして、
無理しちゃうからなんでしょうね。

みんなに好かれようとして無駄にテンション上げたりして、
でも普段はそんなことやってないから空回りしちゃって、
結局なんかみんなとそれほど仲良くなれなかったな…って
手ごたえになって、その次が怖くなる。


サワライに限らず、こういう感じで初対面が苦手な人見知りの方も
けっこういるんじゃないでしょうか?

 

だからね、サワライはここであえて言っときたいです。

そんなに無理して交流しようとしなくてもいいんじゃない?って。


自分の普段のペースで、好きな飲み物頼んで、
「あ、その飲み物好きなの?」って聞かれたら
「うん、そうだよ」って答える。
余裕があったら、
「その飲み物なんていうの?」
「シャンディガフってなに?」
ってちょっと聞いてみる。

そんでまあ、なんか流れで適当に笑って、適当に枝豆食っときゃいいのかな、って、
その程度でいいのかなってサワライは思います。

 

今日サワライはそんな感じで、
まあその場にいた何人もの同期全員とは全然しゃべれませんでしたが、
隣と前の席の人に関しては、顔と名前と出身地的な何かは覚えることができました。
枝豆も、歳の数だけ食っときました。

あとは相手がサワライの顔と名前を覚えていてくれるよう
祈りをささげるだけです。

サワライはこんな感じで、無理のないペースで
進んでいこうかと思います。


一気に何人もの相手と仲良くなるとか多分無理ですもんね!

ハハハ!

なぁ~んて、言い訳しながら誤魔化しながら
ノロノロするサワライをお許しください。


どうか気長に、見守っていてください~。