読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるゲイのサワライ マモル。

社会人2年目、慣れない東京

2、サワライ マモルの、朝は早い。

サワライ マモルの、朝は早い。

 

「朝食ですか?食べないことが多いですね。
まぁ最近は体力的にキツいんで
無理やりにでもトーストくらいはかじるようにしてますけど。
えぇ、トーストくわえながら、駅までダッシュしちゃう時とかもありますよ。
もっとも、曲がり角で素敵なイケメンとぶつかって
『いてて。。。おい、どこ見てんだよ!』なんてハプニングは起きませんけど…。笑」


そう答えながら、彼は手早くスーツに着替えた。
これから就職活動にでも出かけられそうな、真新しくて地味なスーツだ。


「まだ新人研修中なんでね。ほぼリクルートスーツでしょ、これじゃ。
しっかりお給料入るようになってからかな、ちゃんとしたヤツは。
いやいや!このご時世に雇ってもらえるだけありがたいですよ。」


フレッシュな笑顔とやる気に満ちたその姿は、
どこから見ても健全な男性新入社員だ。

 

サワライ マモル、24歳。

 

セクシャリティーは、ゲイ。


チャッチャッチャーラッ、チャー♪
チャチャ、チャーチャラッ、チャラーッ♪

 

はい、茶番はここまで。
今日のイントロは情熱大陸ふうにお送りいたしましたが、
いかがだったでしょうか?
うん、うざいね、ごめんね。


そんなわけで新入社員サワライ マモル、
ちゃんと会社に行っております。
実際は、やる気的なものはほとんどなく、
超イヤイヤで疲れ切った顔で出社しています。
しょうがないですよね、仕事いかにゃ。

 

そうなんです、サワライもスーツとか着ます。
普段もメンズファッション雑誌に載ってるような
いわゆる男物の服を着ます。
男として、男の人を好きになるので、サワライはゲイです。
体と心の性が一致しないトランスジェンダーとはまた違うかな、って感じです。

 

世の中には、男と女という2種類だけではくくれない人たちがいて、
そういう人たちのことを「LGBT」って呼ぶのが、最近の流行りなんです!


流行にうといお友達のために説明しておくと、
Lがレズビアン、Gがゲイで同性愛者を表してて、
Bが男も女も恋愛対象というバイセクシャル
Tがトランスジェンダーにあたります。


性的少数者とか、マイノリティーとかって呼ぶのはもはや若干ダサめですよ!
LGBTってさらっと言えるのが、オシャレな時代。

 

流行の最先端をいくLGBTなサワライマモルが、
東京でのオシャレ新生活を始めた、ということで、
今まさに時代が動いているんです。


あなたは時代の目撃者。

ワタシはゲイのサワライ マモル。

ヨロシクドーゾ。