あるゲイのサワライ マモル。

社会人3年目、あてどなく東京

76、2019年、僕の私の大量消費社会

2019年も……息をしていた……

エンタメを……糧に……

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

~本~
●むらさきのスカートの女(今村夏子)
今村夏子は最高。発露する視点人物の狂気がたまらん。

publications.asahi.com

●生命式(村田沙耶香
村田沙耶香は最高。どの短編もシンプルにエッセンスが凝縮されてて気持ちいい。「孵化」の中身と、孵化というタイトルを持ってくるところやばい最高。

www.kawade.co.jp

●どうしても生きてる(朝井リョウ
朝井リョウは最高。同年代の社会が、現実が、解像度高く切り取られる信頼感。最後の短編「籤」に打ちのめされた。

www.gentosha.co.jp

●結婚の奴(能町みね子
能町さんの最高の奴。能町さんの文章好きすぎる。

www.heibonsha.co.jp

 


~映画~
●ひとよ
出てた役者みんな好き。話も描写も言葉もすべてよかった。

hitoyo-movie.jp

●よこがお
ひとよでもよかった筒井真理子が最高ってことなのかもしれない。

yokogao-movie.jp

●少年たち
ジャニオタの友人に誘っていただいたジュニアのトンチキ映画。演出、ストーリー、セリフ、何から何までぶっとびすぎてて混乱してるうちに全身に麻薬が駆けめぐってしまった感じ。本能的に危ないと、これまでずっとある意味近づかないようにしていたジャニーズに、どハマりしてしまった2019年、最高でした。

shonentachi-movie.jp

 


~ドラマ~
きのう何食べた?
西島秀俊ー!ご飯おいしそうすぎるし、なにより生活、はあ、最高。

www.tv-tokyo.co.jp

パーフェクトワールド
少年たちでハマったジャニーズJr.内グループSixTONES松村北斗さんがめちゃくちゃいい演技をしていて友人たちと実況するなど。ほくぴーは肌が綺麗すぎてもはや肌がないレベル。そうこうするうちにSixTONESも来年デビューが決定でぶちあがり。

www.ktv.jp

●これは経費で落ちません
めちゃくちゃ面白くてよいドラマだった。第一話のゲストが藤原紀香で、空間デザイナー「曽根崎ミレイ」という役名の藤原紀香みたいな役をやる時点で最高だった。ジャニーズWESTの重岡くんの最高すぎる普通さ。堅物から変わっていく多部ちゃん。よすぎた。

www.nhk.or.jp


~音楽~
サカナクション「ナイロンの糸」
風呂に浸かりながら聴くといい。

www.youtube.com

ジャニーズWEST「Big Shot!!」
ジュニアのトンチキ映画というまさかの入口から、結局ジャニーズWESTに落ち着き関西弁の男が好きなのかもしれないという結論。いやでもWESTは歌もダンスも、パフォーマンスがよくて、笑いをとりに行く姿勢とのギャップというか二面性がこれまたたまらなくて…というレベルには好き。

www.johnnys-net.jp

●PRODUCE 101 JAPAN「ツカメ〜It's Coming〜」
男性アイドルとしてのデビューをかけたオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」もライトに視聴。あの、結局毎週動画を全部観ましたけど、投票とかは別に、全然してないんで。全然……
ASAYAN世代としてね、オーディション番組はね……たまらんよね……
この曲の「ヒーローになりたくて
強さも願ったあの日の気持ち
忘れられるわけないよ
可能性があるのなら」の部分、夢を追うオーディションの曲としてよすぎるだろ。

www.youtube.com


~舞台~
●キンキーブーツ
もう突き抜けて好きなミュージカル。また観れてよかった。エンパワメントされまくり。なりたい自分にJust be!!

www.youtube.com

友近・ゆりあんライブ ブルース・シスターズ〜変な先輩と変な後輩〜
YouTubeの「チルテレ」もそうだけど、二人が即興で永遠ふざけあい続けるのが好きすぎる。

www.youtube.com

エリザベート
去年のブログ見返して、あれエリザベート去年だったっけ?と思ったら2018年は宝塚で、2019年は東宝だ、そうだそうだ。
ついに伝説の花總まり様のエリザベートが拝めて感無量。ここにきてパフォーマンスのピークを更新し続けてるのまじですごすぎる。ちゃぴ様の外部でのエリザベートも観れたし、ルドルフ役の京本くんをSixTONESのきょもとして認識する日がまさか来るとは……ジャニーズを履修することによってこの世界の解像度は急速に鮮やかになります。

www.youtube.com


~展示~
●世紀末ウィーンのグラフィック デザイン、そして生活の刷新にむけて
(@京都国立近代美術館
京都でなにげなく立ち寄った展示がげきよかった。デザインがかわいすぎた。京都の美術館もな〜、住んでるうちにもっと通えばよかったと後悔。

www.momak.go.jp

●ミイラ「永遠の命」を求めて
(@国立科学博物館
オリコンの「興味津々だけど怖くてなかなか知ろうとしたくない概念ランキング」ベスト3に毎年必ずランクインする「死」ですが、ミイラという乾ききった物体になると、すごくいい距離感で観察できることがわかって面白かった。

www.tbs.co.jp

●コートールド美術館展 魅惑の印象派
(@東京都美術館
ぼんやりとしたきれいな色使いの印象派の絵はかわいくて好きです。
マネの「フォリー=ベルジェールのバー」が観れてめちゃよかった。
女性の浮かない表情の意味もわかると、ぐっと見え方が変わったりして。最高。

www.tobikan.jp

 

 

 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

がんばってムッツリ小説書いてます。

紅白のきよし楽しみすぎる。

2020年も、よろ。