あるゲイのサワライ マモル。

社会人3年目、あてどなく東京

27、本棚は未完成

読書が趣味だということを、うまく伝えられるようになりたい。

社会人になると、たいして仲良くもない人から「趣味はなんですか?」と聞かれる場面が増えるので、余計にそう思います。

会社でのかしこまった姿とは別の、もうちょっとくだけた、その人の素顔へのヒントが趣味に秘められているはずだ、という意味での問いかけなのでしょうが、これがなかなか難しい。

スポーツ、アウトドア=明るい性格\(^0^)/
読書、インドア=暗い性格m(_ _)m
みたいな、なんとなくの判断基準が蔓延していて、インドアまっしぐらなサワライは趣味トークにいつも苦戦してしまいます。

もちろん世の中そんな単純じゃないし、世間の人がそんな捉え方ばかりするわけじゃないことはわかっていますが、どうにも卑屈に答えてしまうんですよね。
どうせスポーツが偉いって話になるんでしょ?たまには外に出なきゃとか言うんでしょ?みたいな。

いやまあ自分が暗い性格なことは百も承知ですが、自分の暗い性格について明るく語れるようになりたいなあと思うのです。だって好きなことがあるって、とてもいいことのはずですもん。

 

だから、読書が趣味だということをブログにひっそりムッツリ書き記しておこうと思います!陰気だと言われようが気にしないぞ!


といっても昔からいっぱい読んできたとか、月に何十冊も読むとかそういうハイレベルな感じではないので、お手柔らかに願います。

小さい頃は漫画しか読んでいませんでした。読書感想文とか死ぬほど苦手だったし。
大学時代に暇な時間に小説を読むようになって、ハマったんです。
仲のよかった友達がごく自然に文庫本を講義中に読んでいて、なんか新鮮に感じたんですよね。講義サボってるのに、本読んでるのって、すごい!といったところでしょうか。
それになんとなく、くやしさを覚えました。おれだって本くらい読めるし!という感じでスタートしました。そしていつのまにか、漫画にはない本の魅力を発見してしまったんですよね。


本の、自分の想像力によって情景描写がいかようにも膨らむ、ってところが漫画との違いだと思います。

変な話、少女漫画のイケメンよりも、活字から自分が想像したイケメンの方が自分のいいように洗練されたビジュアルで話が進むから、すごい脳みそへの刺激が強い気がするんです。

漫画は漫画で、絵を楽しむ要素とかコマ割りとかテンポ感とか漫画ならではの良さがまた無限にあるから今でも読みますが、本の魅力の発見が自分の中でけっこう衝撃でした。

もっと小さい頃から読書習慣を身につけておけばよかった…と少し後悔しかけましたが、20年以上生きてようやく自分なりの妄想力が育って、読書が楽しめるようになったのかもな、と変に納得もしています。

なんか、こんなに読書を語るのってすごく偉そうだな…。
まぁでも!所詮趣味ですしねえ?
好き勝手満足げに語らしてください。


学生時代は古本屋で文庫本を買うことが多かったけど、社会人になって、ハードカバーの最新刊を気軽に買えるようになったことがすごく嬉しいです。
きれいでゴージャスな装丁を眺めるのもいいし、多種多様な背表紙が整然と並んでいる棚はすごくかっこいい。

電子書籍がどんどん普及するこのご時世ではありますが、サワライは完全に紙派です。
こう、なんというか、圧倒的な物質感がたまらないです。所有欲を満たすことができるというか。電子ファイルの名前の羅列を見ただけでは味わえないでしょう?
自分の部屋の本棚に並ぶ大好きな本たち。
「自分の好きな本」という共通項だけで結び付けられていく本棚は、世界中の本屋を探したって見つからないのです。


日曜にアマゾンで新しい本棚を買いました。
安くて小さいサイズのものですが、まだまだスカスカです。
今年買ったハードカバーの新刊が数冊、少し頼りない感じで並ぶこの本棚は、まったく未完成です。
これからどんな本棚にしていこうか。本当に楽しみです。

 

~・~・~・~・~・~・~
サワライの趣味、ですか?
そ~ぅですねえ、色々あるんですけど…
まあ?しいて言えば?
自分だけの、、、本棚を?
世界に一つだけの本棚を?
ゆっくり…作っていくこと。
ですかね!

インドア最高!

f:id:sawaraimamoru:20151125230429j:plain