読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるゲイのサワライ マモル。

社会人2年目、慣れない東京

7、ホウレンソウ・ミサイル

仕事ダルい

会社員になって1番驚いたのは、
日曜日が過ぎていくスピードです。

あれ、ついさっき光り輝く朝に目覚めたところなのに。。。
もう夕方…?
もう笑点?もうサザエさん

学生時代よりも格段に早く日曜が終わっちゃうような感覚は、
多くの新入社員さんに共感していただけると思います。

テレビばっか見てないでどっか出かけろよとかツッコミはナシですよ!
家のなかでゴロゴロ贅沢に時間を使うのも1つの幸せのあり方です。

とはいえ明日の朝にはまた出社しなきゃいけないのも、
逃れられない宿命。
腹くくってヨルタモリ見て寝るしかないですね。(テレビばっか)

 

不安だらけで入社した4月1日から、気づいたら1か月以上経ちました。
わけのわからないまま新人研修を受けて、
わけのわからないまま職場に配属されて、
なんやかんや、サワライも必死に社会に食らいついてます。

とりあえず新人は電話全部とってくれということで、
すげードキドキしながら電話応対する、そんな毎日です。

もうね、呼び出し音が鳴るたびにビクン!!ってなる。
心臓に悪い。全然慣れない。名前ききとれねーし。会社名かむし。
は~やだやだ。

研修で、報告・連絡・相談のいわゆる「ほう・れん・そう」が大事だということで、
電話とかあいさつ、メールなどの一般的なマナーは勉強させられたはずだったんです。
でも実際は、そんなすぐうまくこなせないですよ。

 

メールもね、「ちゃんとしたメール出す」となると、くっそ緊張しちゃうんです。
先輩が出してる全体メールみたいなものを参考にそれっぽく書こうとするんですが、
本当にこんなんでいいのか?みたいな。

初メールなのに、
「○○様、いつもお世話になっております」
って書くみたいなんですけど、これ謎ですよね。

「え、てかおれコイツに世話になった覚え、ねぇんだけど。ウケる。」
みたいな。

まぁでも、誰にでも・いつでも使える「お世話になっております」があると、
すげー便利なのも、徐々にわかってきたんですよね。
とりあえずそれ言っときゃいい必殺フレーズは、
焦りまくりの新人くんにはすごくありがたいんですよね。
仕方がない、お世話になっておりますって書いてやるか。


こんな感じで、社内の人にちょっとメール出すだけでも
わからないことだらけ・焦りまくりで大騒動です。
宛先も間違ったら大変だし、もうメールの送信ボタン押すの、
最強にビビってます。
毎回メール出す時、ミサイルの発射ボタン押すような感覚で、
目つむって呼吸止めて決死の思いで送信してます。
いや、ミサイル発射させたことないですけども。

 


1か月経った程度では、落ち着きは手に入りませんでした。
なにがしかのスキルもまったく身についておりません。


けど、なんかこういう感じで周りの人働いてるわけね、というイメージが掴めただけで大きな収穫だなあと思ってます。
不安みたいなものが、段々と小さくなってきてるかもしれませんね。
何より継続して会社行けてるし!えらいえらい!

 

明日からまた一週間、ミサイルばんばん打っていきますか!