あるゲイのサワライ マモル。

社会人3年目、あてどなく東京

46、革命日和

ゴールデンウィーク初日となる昭和の日は、風の強いよく晴れた日でした。

ネットの先行予約の関門を突破して勝ち得たミュージカルを観に行くべく、有楽町にある帝国劇場へと向かいました。

www.tohostage.com

www.youtube.com

 

タイトルは1789。フランス革命のはじまりとされる、バスティーユ牢獄襲撃のあった年号であり、革命派の主人公と宮廷に仕えるヒロインとの身分違いの恋がメインの読み筋となる舞台です。

サワライは歴史好きとかではなく、むしろ一般常識すら怪しげなので、題材というよりは、役者さんと前評判で決めた感じでした。


1番のお目当てはヒロイン役の神田沙也加!
アナと雪の女王での、圧倒的な歌唱力が記憶に強く残っていて、どうもそれはミュージカルでの実績の上に成り立っているらしいとのウワサを聞いてから、一度生で神田沙也加の出るミュージカルが観てみたいなあと思っていたのでした。
小池徹平ソニンなどの知っている歌手が、ミュージカルでどういうふうに活躍するのかをみられるというところも、加点ポイント。

加えて、1789という舞台はどうもやばいらしいぞという声をネットで見つけて、チケットの予約に踏み切りました。
もともとはフランスで初演されて人気を博し、日本では宝塚で最初に上演された際にとても評判がよいみたいでした。ロックナンバーを取り入れた現代風アレンジの歌とダンスがいいとのこと。こいつはおあつらえ向きだ!

 

そんな期待ムンムン意気込んで、Wikipediaでちょっとフランス革命も調べて臨んだのですが、期待を軽く飛び越えた素晴らしさでした。以下、素晴らしかった項目を列挙。

 

  • 神田沙也加ああああぁぁぁあ!!

もう、神田沙也加の声がよい。歌声、もう当たり前に素敵でウットリなんですけど、セリフの声が、どうにも他の役者さんと違う感じに際立って聞こえたんですよね。可憐な容姿から想像する量よりもはるかに大きな声量に、彼女を支える一本の芯のようなものを感じました。まっすぐで優しいヒロイン像がピッタリはまっていました。ちょっと見ないうちにまた好感度あげた?最高。

小池徹平みたいなかわいい感じよりもワイルドな感じの方が好みのサワライなのですが、今回の小池さん演じる主人公がいい意味で俺様な感じで、いわゆる少年漫画の王道ヒーロー像をしっかりとらえておりました。「おいちょっと待て!助けてくれたお礼だ」とか言って唐突にキスしてくるんですよ!?ばか!?最高。


そうそう、たまにはね、過剰なくらい王道なラブストーリー、いいよね。笑
これは舞台で、歌とダンスで、バンバン増幅させたものを観るほどいいんですよ。うんうん。

 

カレーライスの女ことソニンが、最近ニューヨーク留学を経て舞台で活躍してるんですよ。
ていうかまじソニンの歌よかった…。主人公の妹役で、いったん娼婦になったりもする革命側の女の象徴を演じているのだけど、女のエネルギーを歌い上げるナンバーがものすんごいよかった。あれはやはりソニンカレーライスの女たらしめる、ありあまる情熱のなせる技なのでしょうか。とにかく最高。


その他、マリーアントワネットを演じる宝塚出身の方はスタイルよすぎて気品あふれすぎて王妃でしかなかったし、革命派を固めるミュージカル俳優陣もスタイルよすぎだし歌うまいし、敵方のコミカルな役の方々面白かったし、配役のない役者さんたちまで歌とダンス最高すぎて本当に最高すぎました…。(語彙力の限界地点)

 

  • 民衆の訴えを表現する歌とダン

やはりね、革命派の平民たちが集団で一気に歌で訴えるみたいな場面で、ミュージカルの特性が活きるなあと思いました。歌とダンスで、感情を増幅させて伝えるというね。
そこへきて1789ではロックテイストというか、現代風のアレンジだから、楽曲に入り込みやすく、登場人物たちの感情がどんどん歌に乗ってダンスに乗って、伝わってくる気がしました。バク転バク宙、アクロバティックな動きもバンバン取り入れられていて、え、もうなに、飛びすぎじゃね、といった感じ。

今回一緒に連れて行った友達の中にちゃんとしたミュージカルをほとんど観たことのない子がいたんですけど、集団のパフォーマンスの場面に見入ったとのことでした。もともと音楽好きで集まっているからそこまで心配はしていませんでしたが、ミュージカル拒否反応出す人もいるからどうかな?と思っていました。結果的にめちゃくちゃ気に入ってくれたようで、ひと安心。

 

  • 最新の舞台装置

垂れ幕が白っぽい、やけに薄い布だなーと思っていたら、上演が始まると同時に暗雲立ち込める情景のプロジェクションマッピングが映し出されて、新技術取り入れてんなーと感心しました。
場面に合わせてその布が形を変えて、プロジェクションマッピングにより扉を表したり、色んな場面を映し出したりして、今まで観たミュージカルの中では初めてみたものだったのでおもしかったです。

その他舞台奥から跳ね橋のように壁が降りてきて、役者さんがその板上に乗っていたり、柔軟に使われていて面白かったな。

技術畑の人間だからなのか、どうも舞台を支える技術の方も気になっちゃいます笑。

 

 


そんなこんなで、最高of最高なミュージカルでした。キャッホウ!
いっぱいミュージカル観に行きたいから金ホスィ。稼がねば~。

というわけで今日月曜はカレンダー通りの勤務でした~。ゲロゲロ。
せっかくがんばったのに実験全然進まないしサゲ~。
でも、明日から三連休アゲ~。
そして金曜となぜか土曜は出勤サゲ~。
とりま帰省せずに明日は東京観光アゲ。
以上お疲れよろしくボンバー!

f:id:sawaraimamoru:20160502222827j:plain